mihoko-goto

 

後藤ミホコ プロフィール

5歳よりピアノ、10歳でアコーディオンを習い始める。

大阪音楽大学ピアノ専攻卒業。大学卒業後は小学校の音楽科教員になり、作曲も学ぶ。12年後退職、アコーディオン奏者に転身。

ロサンゼルス、モスクワにアコーディオン留学を経て2002年、

あるレコード会社に所属、アコーディオンとバイオリンのユニットTENGO結成、CDデビュー。コンサート、イベントなどで全国各地を廻り、テレビやラジオに数多く出演。03年、ロシアの「サンクトペテルブルク建都300周年記念事業」の日露友好親善アーティストを務める。

05年よりソロ活動に専念。2012年、アメリカ・ニューヨークに滞在、ブロードウェイ舞台公演、ライブハウスやイベントなどに出演。その後、ロシア・ハバロフスク、サハリンスク、ドイツ・フランクフルト、フィンランドでも演奏。

TENGOは2014年に再会ライブを行い、復活。2017年7月、フィンランドのカウスティネン民族音楽祭に参加、ユバスキュラやヘルシンキでもコンサートを行い、好評を博す。

現在は、ソロ活動中心に、さまざまなアーティストとの競演にも力を入れている。

無類の旅好きで、アコーディオンを担いでいつでもどこにでも気軽に赴く。音楽の楽しさとアコーディオンの魅力を味わえるライブを行っている。